世界選手権2連覇 寺島遼 「フィジーク」にかける思い [FITNESS LAB ATHLETE]

寺島遼

寺島遼

フィジーク世界選手権2連覇の寺島遼選手のラボです。

寺島遼のこれまで

簡単に自己紹介お願いします。

寺島遼です。1992年生まれで27歳です。竹本くん(竹本直人選手)、エディくん(エドワード加藤選手)、梶田さん(梶田遼太朗選手)が同い年ですね。

黄金世代ですね。

そうそう。超黄金世代って言われてる。他にも有名な選手多いよ。

トレーニング始めたきっかけは何ですか?

サッカーのトレーニングの延長で、高校生の時にやらされてたトレーニングが楽しくて、専門学校に行こうと思った。国家資格をとりたくて鍼灸の学校に行ったんだけど半年で辞めちゃって。勉強についていけなかったんだよね。勉強やったことなかったから笑サッカーでずっと生きてきて、高校もサッカーで行ったし。結局勉強についていけなくて辞めちゃった。それで何になりたいか考えた時にスポーツに関わる仕事がしたくてパーソナルトレーナーを目指すことにして、トレーナーの学校に行った。その時点でトレーニングは全然やってなくて、週一でやるかやらないかくらい。フィジーク競技のことなんか一切考えてなかった。それでそのまま就職して、トレーナーとして活動し始めてから、大会があることを知って出ようと思ったんだよね。その年にベストボディジャパンっていう大会に出ること決めてそこから週5でトレーニングを本格的に始めたって感じ。

たしかそこで良い結果出されましたよね?

そう。そこで東京3位だった。ただその時全日本大会があってその時にエディと純平(田口純平選手)が1.2位を争ってたんだけど俺は予選落ちだった。

昔からいい体だったんですか?

高校のサッカーチームの中では一番良い身体してたと思う。怪我してトレーニングばっかしてた時期があって。でもベンチプレスとデッドリフトとアームカールと腹筋をめっちゃやってたみたいな雑な感じだった。その時のフィジカルコーチみたいな人にやらされてただけで、やりたい訳ではなかった笑

パーソナルトレーナーとしてはどのような経歴なんですか?

学校卒業した後はライザップに就職して、2年間働いて、その時にベストボディに出た。純平が実は高校の後輩で、それで知ったんだよね。だからそれで出ようと思った。純平からトレーニング教えてもらったり、エディを紹介してくれたりみたいな感じ。それでライザップ辞めた後にエディのジムに入って、そこから1年間働きながらベストボディ出てその翌年からJBBFのフィジークに出始めた。今はフリーでトレーナーをやっている。

世界選手権2連覇されてますが、そんな寺島選手なら見てフィジーク競技に求められていることってなんでしょうか?

世界基準とか考えると、圧倒的にバランスだね。サイズじゃないって昔から言われ続けているけれど誰が証明してたかって、誰も証明出来てなかった。ただ自分が出てみて、バランスが大事なんだなって肌で感じたね。ただバランスの中でも必要最低限の筋量があってこそのバランスが必要だなって感じた。どっかが特化しているってことはどっかが弱点なわけで。俺も背中とか弱いところはあるけど、バランスがある方だから、世界でも俺は高く評価されているんだと思う。

バランスと言っても自分じゃ判断出来ないですよね?寺島選手はどうやって自分の身体のバランスを把握しているのですか?感覚なのかそれとも緻密に分析されているのか。

正直、ポージングってダンス要素あるし、センスの要素もあるけど、それが全てではない。けど自分はある方。でもそれはかなり自分なりに分析したからだと思う。たくさん動画見て指の動きとか、立っている動作とか、色んな細かなとこまで分析した。人に頼んで自分の身体を色んな角度から撮ってもらったりもした。今でも大会の時は四方八方から動画撮ってもらってそれを全部見てる。どこで動画止められても綺麗に立ってないとダメだし、自分が高く評価されるのはどこで動画を止められても綺麗だからだと思う。表情も含めて。

フィジーク選手として

自分の中の身体の理想とかってあるんですか?

特に理想とかはなくて、潰し潰しでトレーニングしてる。自分でもライアンテリーが似たような身体だと思ってるんだけどなりたいかと言われれば違う。かっこいいと思うし尊敬もしているけどその人が最終目的になるから理想の人はつくらないようにしている。あくまでフィジークという競技の中で足りない部位を追っかけている。

かなり細かく分析されているんですね。そういえばトレーニングもかなり細かいですよね。

前腕もやるしカーフもやる。見える部位は全部やる。ただ四頭筋とかハムストリグスとかはやらないわけじゃないけど捨てている部分もある。フィジークってそこまで細かく考える必要は無いのかもしれないけど、いわゆるパーフェクトっていわれる身体って全部鍛えなきゃ駄目だから。全て兼ね備えてこそのフィジーク。俺はそこまで突き詰めることが楽しいし、そこまでしないと気が済まない笑

サイズは求めているんですか?

サイズは求めているけど、欲張りすぎると雑な身体になる。もちろんトレーニングにおいて重さを求めることはめちゃくちゃ大事だけど、それによって協動筋を使って乱雑な身体を作ってもステージでは映えない。俺は直接間近で見たらデカくないかもしれないけど、ステージの上で見たらデカく見える。それはそういうトレーニングの仕方をしているから。ここまで細かく何年間もやっているからだと思う。飽きないしモチベーションも落ちない。

サイドレイズも3種類くらいやってましたけど、他には具体的にどこまで細かくやっているんですか?

カーフも内側と外側で分けたりしてる。ゆっくり動かしたり瞬発的に動かしたり。カーフで3.4種目やったりするね。前腕とかも腕橈骨筋だけを狙ったり、腕を前にするのか後ろにするのかとか細かいとこまで分けてる。俺はこれくらい拘っている。

寺島選手のサイドレイズ(3種類あるうちの1つ)

(寺島選手のサイドレイズ解説動画はこちら

フィジーク競技も肩の大きさやウエストの細さなどが特別評価されたりトレンドってあると思うんですけど、やっぱり素直にバランスを追い求めるのが大事なんですね。

そうだね。結局トレンドって落ちるから。なんでライアンテリーが安定して良い順位にいると思う?やっぱり彼が一つの基準となっているからだと思うんだよね。その基準ってバランスなんだと思うし、俺はそこを目指したい。俺が他の大会に出ても1位は取れないかもしれないけど上位には安定していける。だから俺はバランスを推してる。どっかが特化してる身体じゃいつか順位が落ちたりするから結局安定感が欲しい。

大会の目標ってあるんですか?

選手としては世界選手権でオーバーオール取ることかな。まあやばい選手いるから無理だと思うけど笑それが選手としても目標だね。ただ俺のトレーニングに対するモチベーションはそこじゃないんだよね。俺のモチベーションって仕上がり723kgを目指すこと。大会に出て勝ちたいとか一番になりたいっていうのがモチベーションな訳ではない。

大会に出る理由っていうのは、身体の成長を披露することが一番なんですね。

そう。あくまで目標に対する道筋なんだよね。でもここまで1位とると2位とか取れないよね笑だから勝ちたいって言うのもあるかもしれない。

フィジークにかける思い

他にトレーナーとしての目標はあるんですか?

アカデミーを作りたい。今はフィジークやビキニの選手のためのアカデミーを作りたいって思ってる。そしたら競技者も増えるし。セミナーはあるけど、継続的に教えられるアカデミーみたいなものってないよね。その方が俺らも教えやすいし、他にも色々発信できる。

寺島さんって面倒見がいいんですね。大会の前日に学生フィジークのセミナーをボランティアで開いたと聞いているんですが本当ですか?

行ったね笑俺からするとただ競技で結果出してますって言うのはかっこよくないんだよね。学生フィジークに関しては台風の影響でただでさえ開催するか分からないという状況で、それでもポージングを学びたいと言ってくれる子達がいて、行かないわけには行かなかった。そもそも若い子にフィジーク競技に出てくれるのが嬉しい。そのためならボランティアでも全然行く。伝えられる場があるなら、JBBFの選手としてもそれなりの行動はしないといけない。

他にも北区フィジークのゲストポーズも世界大会に向けて出発する日に行ってましたよね?

本当は別日に出発する予定だったんだけど、急遽北区フィジークの日に出発することになって。呼んでくださった先生にも止められたけど行ったね笑俺がゲストポーズやるって知ってて見に来てくれる人も少なからずいるだろうからその人の為にも行くしかないって思った。

寺島選手は「フィジーク」そのものが好きなんですね。

そうだね。競技に出ることが好きっているよりフィジークそのものが好きなんだよね。実際他の団体の大会も見るしね。

最後にこれからフィジーク競技を始める人に何か一言ありますか?

競技が好きになるんじゃなくて、トレーニングが好きであって欲しい。トレーニングが好きでその先にフィジークやボディビルがあって欲しいって思うよ。

寺島選手のラボはこちらから

寺島選手のラボ